変形性膝関節症と生活のアドバイス

変形性関節症は誰にでも起こる加齢現象であって、いわゆる病気ではありません。加齢とともに、関節軟骨の変性や、軟骨のすぐ下の骨の硬化や変形が起こりますが、これだけで症状がでるわけではありません。変形した関節は、負荷に対する許容限度が低くなるために、少し無理をすると負荷がこの限度を越えて関節炎を起こし、痛くなったり関節液が溜まったりするのです。したがって、変形性関節症による症状を無くすには、許容限度以上の負荷をかけないように心がけることが大切です。

 

日常生活動作のうち関節に負担のかかる動作は、正座、しゃがみ込み、階段昇降、跳躍などです。平地を歩くことは構いませんが、階段や坂道をわざわざ歩いたり、飛び跳ねるスポーツをすることは控えなければいけません。どうしても、膝に負担のかかる動作をしたいときは、スポーツ用の膝サポーターを使用すると良いでしょう。体重の重い人は、減量することも大きな効果があります。

 

(帝京大学医学部 整形外科教授 松下 隆 先生)

 

advice_mik410j2

トップページへ戻る